リビエラ逗子マリーナの「自動販売機搭載Wi-Fi」を使ってみた

鎌倉・材木座の九品寺前を通り、逗子方面へ向かってトンネルを抜けると、複合施設「リビエラ逗子マリーナ」があります。
開業から40年以上が経ち、かつては作家の川端康成が亡くなった場所でもあり、またユーミンこと松任谷由実が夏にライブを行っていたこの場所も、現在は主に結婚式場やヨットハーバー、リゾートマンションとして運営されております。
周辺には小坪漁港もあり、朝市などは周辺の住民で賑わいを見せています。

リビエラ逗子の結婚式場

そのリビエラ逗子マリーナ内にあります、結婚式場やレストランが入った「リビエラプラザ」横の有料駐車場内に、Wi-Fiが搭載された自動販売機が設置されております。

アサヒ飲料による業界初の取り組みとあり、現地にて実際に使用してみました。

アサヒ飲料のWi-Fi搭載自動販売機

駐車場内に同じメーカーの自販機はいくつかあるのですが、Wi-Fi搭載の自動販売機は、駐車場に入ってすぐ右手にありました。

販売機上部に記載があるので分かりやすいですね。
普通にジュースが買える所は他の自動販売機と変わりません。

自販機に接続方法が記載

自販機側面に、Wi-Fiへの接続方法が記載されていました。主にスマートフォンからの利用を想定していると思われ、iPhoneとAndroid別に掲載してあります。

 今回は持参したiPodtouchで実験してみました。
FREEMOBILEのシステムを利用しており、利用規約同意など接続方法の記載通りに進めれば、簡単にインターネットに接続できました。

ちなみに速度はどのぐらい出ているか、というとこの日は最速で3.7bpsほどでした。このぐらいの速さですと、スマホからのネットサーフィンも快適です。

ただし、 電波はリビエラプラザの館内までは届かないようで、歩測では自動販売機から半径20メートル以内であればインターネットが利用できました。ですので、ほぼ駐車場内での利用のみ可能、といった所でしょうか。

観光で人の集まる鎌倉周辺にも、こういったサービスがあるとキャリア回線の混雑も避けられそうですね。
今後もこのような鎌倉のインターネット事情など、生活関連の情報についてお届けしたいと思います。

自動販売機の場所:リビエラ逗子マリーナ リビエラプラザ左手 シーサイド駐車場内 ※2012年5月の情報です

参考リンク:アサヒ飲料、湘南などでWi-Fi搭載自販機の設置開始 (日本経済新聞)

このページをシェア:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉暮らしをフォローする