【大船ルミネ 千里】駅ビル内の眺めのよい中華料理

住所:鎌倉市大船1-4-1 ルミネウイング大船7F
JR大船駅 徒歩1分 営業時間:11:00~22:00

大船ルミネ_千里

大船駅には駅ビルの「ルミネウイング大船」が併設されておりまして、南口改札の前に入口がある事から、駅の乗降客でいつも賑わっております。そのルミネの最上階7Fはレストラン街になっており、10店舗が軒を連ねています。

その中に唯一の中国料理「野菜中華 千里 菜」がありまして、こちらは以前大船駅東口に2店舗あった「中華料理 千里」の系列店となっています。他にも「寿司居酒屋 いろは茶家」などと並んでこの辺りでは一大チェーンの中の1軒です。

エレベーターで7階に上がると、エスカレーター脇に「野菜中華 千里 菜」はあります。店前にはランチやおすすめの一品料理などの看板が並んでおり、また餃子を作る様子が店の外にもガラス張りで見える様になっております。「国産野菜 国産豚肉100%使用」とガラスには張ってあり、「ニラは高知産」など主な具材の産地が表示されています。

40席弱の店内は落ち着いた雰囲気で、メニューも様々。ピクルスやミニサラダなどの三浦野菜を使った一品から、麺類や点心など一通りの中華料理が堪能できます。酒類も豊富で餃子とのビールセットも用意されていまして、やはり店の売りは餃子のようです。
今回Favkamaはその中で「餃子定食」(1,000円)を注文。作りたて焼き餃子4個に半ラーメン、ライスに杏仁豆腐がセットになったメニューです。

注文後、店員が紙の前掛けを持ってきました。焼肉屋などでかける物です。餃子を食べるのにこれが必要なのか?と思っていると定食が運ばれてきました。
すると餃子は熱い鉄板の上に乗っており、ジュージューと音を立てる様はまさに作りたて。前掛けが無いと服にはねてしまう程です。鉄板に乗った餃子に醤油を直接かけてみると更に油が跳ねてしまいますので、付属の小皿に醤油やラー油は注いで食べた方がよさそうです。

この提供の仕方ですと長いこと保温状態が保たれ、4つの餃子すべてが食べ終わるまで熱々の状態に。猫舌の方には少し熱いかもしれませんが美味しく頂くには良いスタイルです。
ラーメンは普通の醤油ラーメンで、もやしが入っているのが特徴。店名に野菜の名が入っている事からも野菜にこだわりがあるようです。

このレストラン街でも「野菜中華 千里 菜」は窓際に面しており、外を眺めますと眼下の大船駅周辺の商店街から、奥の方には北鎌倉方面までの景色を見る事ができます。夜ともなりますと7階から高さも相まって、鎌倉の夜景が全面に広がっておりロマンチックな雰囲気です。

このページをシェア:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉暮らしをフォローする