【大船 大阪王将】餃子の専門店がまた大船にオープン!

住所:鎌倉市大船1-19-19 エイト大船ビル1F
JR大船駅 徒歩5分 営業時間:11:00~23:30

大船_大阪王将

餃子の専門店といいますと以前より「餃子の王将」がありますが、大船でも笠間口の近くで営業しており、食事時には店内の食事や持ち帰りの人で行列が出来ています。
その「餃子の王将」創業者の一族が独立して始めた「大阪王将」という店がありまして、昨今関東にも出店が増えておりますが、この度大船駅の近くにも「大阪王将 大船店」がオープンしました。

場所は東口仲通商店街の南側、以前「餃子の郷 大船店」として営業していた店舗です。同じ餃子の店という事で、居抜で開店しているようです。
餃子の郷と同じ赤色の看板の為、一見新規店の様に見えませんでしたが、ここが神奈川県で6店舗目の店だそう。ちなみに餃子の王将は神奈川だけでも30店舗近くあります。

以前と変わらぬ場所に置かれている外のショーケースで、メニューを見て中に入ります。店内も餃子の郷時代とあまり変化は無くテーブルやイスも同じものを使っており、席の配置も変わっていませんでした。
メインの焼餃子は1人前6ヶで240円、2人前12ヶで480円となっています。餃子やラーメンと組み合わせたセットや定食類のメニューも充実しており、ザーサイや辛味きゅうりなどの小皿料理(1品330円、3品で900円)などのおつまみ系もあります。

今回Favkamaでは餃子・炒飯セット(860円)を注文。餃子の王将でも同じような焼飯セットが提供されており、それよりは少し安いお値段です。運ばれてきた料理を見ますと、セットの中身も餃子の王将と瓜二つ。「餃子1人前」に「チャーハン」、「鶏の唐揚げ2ヶ」と「とろみのある玉子スープ」となっています。

焼餃子にはこの時期は白菜が使われており、餃子の王将と比べると少し小ぶりな感じです。テーブルに小皿と餃子用の醤油皿は用意されていますので、そちらに専用の「餃子のタレ」を注いで戴きます。
チャーハンや唐揚げなど、全体のボリュームは食べ応えがありました。

ドリンク類も充実しており、平日の15~19時までは生ビールが半額近くなるハッピーアワーも実施しています。またこちらの店は喫煙も可能な上、餃子の王将よりも遅くまで営業していますので、帰りに餃子と共にちょっと一杯という方にも。各メニューの持ち帰りも可能で、餃子類はプラス箱代20円となっています。

※2016年2月21日閉店しています