【大船 鎌倉飯店】大船の有名鰻屋姉妹店で中華料理を

住所:鎌倉市大船1-22-30  定休日:木曜日
JR大船駅 徒歩2分 営業時間:11:00~21:00

鎌倉市内には、観光地としてのブランド名にあやかるように「鎌倉○○」といった名前の店が多く存在します。そのおかげでまったく同名の店が複数存在する事もあります。中華料理の鎌倉飯店という店も以前は鶴岡八幡宮前にもありましたが閉店し、今では大船にて同名の「鎌倉飯店」のみが現存しています。

大船の「鎌倉飯店」は駅東口の商店街にあり、讃岐うどん「はればれ」の正面に店を構えています。店の外には中華料理屋らしく、焼きそばやラーメンなどのサンプルが並んでいます。
店に入ると中は禁煙で、4人掛けのテーブル席が7つ、6人掛けのテーブル席が1つあり、厨房は奥にありました。使用されていませんでしたが、2階もあるようです。

メニューを見ますと玉子チャーハン(650円)やワンタンメン(850円)など、様々な中華料理があり、一部の商品は半額でハーフサイズも提供しているようです。他にフカヒレ御飯やフカヒレラーメン(いずれも1200円)の様な一品料理や、ニラレバ炒め(900円)・鶏肉とピーマン炒め(1500円)などの皿料理もあり、新メニューとして5種のキノコが入った山海麺(1000円)なるものが壁に貼り出されていました。

今回Favkamaでは、今月のおすすめセットとして載っていた「にんにくの芽と肉炒めと鶏のから揚げ」(1050円)を注文。ライスはおかわり無料と壁に書かれていたので、空腹にはちょうどよさそうです。

大船_鎌倉飯店

運ばれてきたセットを見て驚いたのは、そもそものご飯の量の多いこと。牛丼チェーンの大盛ぐらいはあります。真ん中には季節柄でしょうか、みかんが丸ごと1個鎮座しており、炒め物や中華ダシのわかめスープ、おしんこなどと共に載っていました。

ここで思ったのは「鶏のから揚げ」というのはどこに行っても、中華料理ではセットメニューの際の定番なのだという事。餃子チェーンの「大阪王将」などでも同様の品がよくセットに付いていますね。
こちらのセットはご飯の量が多いせいか、「にんにくの芽と肉炒め」が少なく感じました。ご飯とバランスを取りながら食べる事が肝要ですが味は濃くも薄くも無く、大満足でした。食べ終わったら全体のボリューム的にも満点でした。

もう一つ驚いたのは、こちらの「鎌倉飯店」は由比ガ浜にあるミシュラン掲載の老舗うなぎ屋「つるや」の姉妹店だそう。箸袋に書かれている鶴のマークがその証です。

このページをシェア:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉暮らしをフォローする