【大船 餃子の郷】大船で手頃な中華・西安料理を

住所:鎌倉市大船1-19-19 エイト大船ビル1F
JR大船駅 徒歩5分 営業時間:11:00~25:00(日・祝は24:00まで)

大船駅東口にある仲通商店街は、南北に伸びて昔ながらの魚屋や八百屋も未だ健在の、活気のある商店街です。
その仲通商店街の南側に、以前から中華料理店が入れ替わり入居する店舗があります。東戸塚にある家系ラーメン半蔵の姉妹店「鬼半蔵」にはじまり、その後は中華チェーンの「日高屋」が営業していましたが、数年前に現在の西安料理店「餃子の郷 大船店」が開店しました。こちらも東京の神田などにもあるチェーン店のようです。

これだけ続きますと、中華料理店の営業に適した造りなのかと思いますが、「餃子の郷」も中に入りますとカウンター席など以前の日高屋と変わらぬ席の配置でして、居抜で営業しやすかった事がわかります。
テーブル席は4人掛けと2人掛けが3つづつあり、移動可ですので人数が増えても席をくっつけて対応することができます。

西安料理とはあまり聞きなれませんが、餃子で有名な地域との事で、こちらの店も焼き餃子や水餃子など様々な種類が用意されています。
一番ベーシックな餃子は6個入りの「元祖焼き餃子」(230円)ですが、長さ13cmの「始皇帝餃子」(4個入り500円より)というジャンボサイズの焼き餃子もあります。

大船_餃子の郷

定食類も690円~960円の間で、ごはん付きや焼きそば付きの定食が豊富に揃っています。この日はチャーハン+元祖焼き餃子+から揚げ2個入りサラダ+スープの「チャーハン餃子定食」(790円)を注文しました。チャーハンも1人前あって餃子も6個入りと、食べ応えがあります。

こちらの店は曜日毎にキャンペーンがあり、月曜日は「餃子の日」で先述の6個入り元祖焼き餃子が160円に、火曜日は生ビールの日として生ビール中480円が270円と日替わりで楽しめるメニューが揃っています。キムチやザーサイ、ピータンなど数種類の中から選べる「おつまみ三点セット」(990円)もあり、夜は餃子と一緒にちょっと一杯楽しめる店です。